市販で売っているアレグラと病院処方薬の違い

アレグラはアレルギー関係に効果が期待できる医薬品であり、主に花粉症でお世話になっている人が多いため知名度の高い薬となっています。長く病院処方されており、花粉症がひどい人の場合は病院を受診してまとまった量の薬の処方箋を書いてもらうのが一般的であると言えます。この様にして処方されたアレグラを毎日の様に服用する習慣を持っているのが花粉症に重度に悩まされている人の生活スタイルであると言えます。
しかし近年では同じ成分の薬が薬局などで市販されています。病院にかからなくても気軽にドラッグストアなどで購入することが出来るという点でメリットはありますが、病院受診をして購入するアレグラに比較するとどうしても値段が高くなる傾向にあります。病院処方のアレグラの場合には医師による花粉症の診断が行われますので健康保険の適用を受けて3割負担で薬を購入することが出来ます。薬価の改定やジェネリック医薬品の販売も促進されていますのでドラッグストアで購入するよりも数段価格面でのメリットがあると言えるでしょう。
それでもドラッグストアで購入するアレグラの人気は高いままであるという傾向があります。その最も大きな理由の一つが手軽であるということにあります。病院処方のアレグラは病院に行って診察を受けなければならないという面倒さがあります。その時間を惜しんでドラッグストアで購入する人が少なくないのです。平日に全く時間を作れない人も多いため、医師の処方を必要としない市販薬の需要が無くなることはない様です。またそれほど症状が重篤ではない場合、必要な時だけアレグラを服用すると言う人の場合には少量での購入が可能である市販薬の方が都合が良いというケースもあるのです。

↓花粉症の対策参考サイト
花粉症の処方薬の通販情報
↓花粉症の薬を使いたいが眠気に襲われたくない方へ
ジルテック