アレグラで顔が腫れる原因

アレグラは抗ヒスタミン剤に分類される抗アレルギー薬です。アレルギー症状を誘発するケミカルメディエーターのヒスタミンの受容体への結合を阻害することでヒスタミンの作用を抑えて抗アレルギー作用を示します。抗ヒスタミン剤にはアレグラの他にアレロックやザイザルなどがあります。その中でもアレグラの特徴は、抗ヒスタミン剤の特徴的副作用である眠気、ふらつきが全く起こらないことです。また口渇や胃のムカムカといった症状も起こりにくくなっています。そういった副作用頻度の少なさから、多くの方に使用されています。
ただこのアレグラによって顔が腫れることがあります。この顔の腫れは何が原因となって起こっているのでしょうか。
それはアレグラに対して飲んだ人の免疫が過剰に反応してアレルギー反応を起こしたことが原因となっています。アレグラはアレルギー反応を抑える薬ですが、逆にアレルギーを引き起こすこともあるのです。アレグラに対してアレルギーがある方はその有効成分フェキソフェナジンに反応する抗体IgEを持っています。このIgEは免疫細胞の1つである肥満細胞表面に並んでいるのですが、そこにフェキソフェナジンが結合すると、肥満細胞内に蓄えられているヒスタミンなどのケミカルメディエーターが脱顆粒によって細胞外に放出されます。ここで放出されたヒスタミンが血管を拡張させる効果があります。この血管拡張によって血液成分の中の血漿が組織中へ流れ出ていきます。これがもし顔の血管で起こった場合には顔の組織中の水分量が多くなってしまい、顔の腫れの原因となります。
よってこのような時にはアレグラの服用を中止して、医師の診察を受けた方がいいでしょう。