セチリジンが配合された処方薬と市販薬の違いは?

花粉やハウスダストなど、近年アレルギー性鼻炎に悩む人は増えています。しかも段々と低年齢化して子供でも鼻炎に悩む割合が増えているのです。セチリジンはこうしたアレルギー性鼻炎に効く成分で、子どもから大人まで幅広く使用できるというメリットがあります。
アレルギーが発症するのには体内にあるヒスタミンという物質が関係しています。ほこりや花粉といった刺激でアレルギー反応を起こすと、免疫細胞からヒスタミンといった化学伝達物質が分泌され、これが神経受容体と結合することで様々なアレルギー症状を引き起こすとされています。セチリジンはヒスタミン受容体を阻害することでアレルギー症状を抑えることが出来る成分なのです。

第2世代抗ヒスタミン薬の特徴

花粉症などアレルギー性鼻炎の治療では、現在第2世代抗ヒスタミン薬というものが良く使われています。これは病院で処方される医療用医薬品やドラッグストアで手に入る市販薬にも使用されています。
第2世代抗ヒスタミン薬の特徴としては眠気が起こりにくいということがあげられます。花粉症は1~2カ月症状が続くことも多く、眠気といった副作用は日常生活に支障が出る事でしょう。第2世代はこういった副作用が起こりにくくなり服用しやすくなり、セチリジンを有効成分とした医療用医薬品はジルテックといった名前で処方されています。そして病院で処方されるのと同じ配合量の市販薬もドラッグストアでは販売されています。市販薬と言われるOTC医薬品は要指導・第1類・第2類・第3類に分類されており、セチリジンを配合した鼻炎薬は第2類医薬品に属するものです。そのために薬剤師などからの説明は努力義務であり購入しやすい薬剤と言えるでしょう。
ただし副作用や相互作用など気になる点がある場合はすぐに薬剤師や登録販売者に相談することが大切です。

処方薬から市販薬に変えても平気?

花粉症など長期的に薬を服用する必要がある場合、なかなか病院に行く時間が取れないことも多いでしょう。そういった場合に利用したいのが市販薬です。しかし今まで病院で処方してもらっていたアレルギー性鼻炎の薬を市販薬に切り替えることは何か問題はないのでしょうか。
市販薬と処方薬ジルテック錠10mgはどちらも有効成分はセチリジン10mgです。同じ成分が含まれるのであればその効果も同じであると考えるのが普通ですが、薬品の場合は少し勝手が違います。処方薬の場合、効果効能はアレルギー性鼻炎・じんましん・湿疹・皮膚炎・痒疹となっていますが、市販薬においては花粉やハウスダストによるくしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻アレルギー症状の緩和とだけ記載がされています。
つまりアレルギー性鼻炎といった鼻の症状で処方されている場合には市販薬に切り替えても大丈夫と言えますが、じんましんや皮膚炎といった症状を伴っているのであれば市販薬は避けた方がいいでしょう。
市販薬は一般的に誰もがいつでも使えるように効き目が穏やかに作用するように作られています。一方で処方薬の第1の目的は病気に対してよく効くことです。この違いは副作用に大きく現れることとなります。効き目が強い薬剤は、一方で副作用が出やすいことが多いです。効き目がゆっくりの場合が副作用も出にくくなります。また市販薬には年齢制限も設けられています。1日1回の服用で15歳以上の成人が対象となっているために子どもには使用ができません。処方薬では5mgのジルテックといったものが7~15歳の子供には処方され、1日2回の服用となります。もし子どものアレルギー性鼻炎といった症状に使用したいのであれば、病院で処方を受けなければなりません。
有効成分が同じだからといって、処方薬と市販薬が全く同じであるとは限りません。自己判断をせずに医師や薬剤師に相談して利用することが大切です。